用語辞典

ロタウイルス胃腸炎について

ロタウイルス

ロタウイルスは、胃腸炎の原因となるウイルスのひとつです。

ロタウイルス胃腸炎

ロタウイルス感染によって起こる胃腸炎です。
おもに乳幼児を中心に感染し、5歳までに、ほとんどの子どもが感染するといわれており、重症な症状をひき起こす原因となります。
くりかえされる「嘔吐」「下痢」と「発熱」等の症状が1週間前後続き、下痢は白い、米のとぎ汁のような便がみられることもあります。ウイルスに感染後、症状が出るまでの期間はだいたい2~3日です。

血清型

ロタウイルスは、いくつかの型(タイプ)に分類されます。その型を血清型、と呼びます。
日本では「G1」、「G2」、「G3」、「G4」、「G9」という5つの血清型が多くみられます。