ロタウイルス胃腸炎予防ワクチン

接種は生後6週目から

産後すぐに、予防接種スケジュールを組みましょう。

ロタウイルスワクチンは、病原性を弱めたロタウイルスからつくられており、口から飲ませるワクチンです。

ロタウイルスワクチン接種は生後6週目からスタート。

生後2ヵ月になったら、ヒブワクチン、小児肺炎球菌ワクチンなどの接種ができます。

上記に加え、DPTやBCGなど、特に生後6ヵ月目までは、接種が必要なワクチンはたくさんあります。

早めの接種開始が、じょうずなワクチンのスケジュール管理のコツです。

1ヵ月検診が終わったら、次は予防接種。

接種対象期間内に接種が完了できるよう、早めに、かかりつけ医にご相談を!

ワクチンで予防できる病気は、早めのワクチン接種できちんと予防しましょう。 このサイト内の「予防接種スケジューラー」では、
スケジュール例とお子さんの状況をてらしあわせて確認することができます。
活用してみてください!

※他の小児用ワクチンとの同時接種については、かかりつけ医にご相談ください。