Close Mobile Navigation

2020年10月からロタウイルス胃腸炎の予防ワクチンは定期接種の対象となります。

ロタウイルスワクチンは、ロタウイルスによる嘔吐、下痢などの胃腸炎を予防するためのワクチンです。
欧米をはじめ、海外ではすでに100以上の国と地域で接種され、70ヵ国以上で定期接種に指定されているワクチンです。
なお、定期接種は、2020年8月生まれ以降の乳児が対象となります。
それより前に生まれた乳児は、任意接種となります。

※ロタウイルスワクチンは、ロタウイルスの感染を完全に防ぐものではありません。



Copyright ©2012 – 2021 MSD K.K. a subsidiary of Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.